2000年前の医療法がなぜ滅びない!?ー東洋医学でわかったこと

chinahistory.jpg


前漢時代(前200年前後)、あの有名な項羽と劉邦の時代に中国最古と言われる医学書『黄帝内経』が存在していました。そこには薬学についても書かれており、今でも東洋医学の用語で使われている”未病”という言葉も使用されていたそうです。

❝ 聖人は既病を治すのではなく、未病を治す ❞

と言われ、病気は表面化(既病)してから治す(西洋医学の考え)のではなく、その前の病気に向かいそうな状態(未病)を治していくこと(東洋医学の考え)が大事であることをなんとこの時代で記していたのです。
続きを読む




posted by 阿呆多良介 at 06:00 | 医療 / 薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「東洋医学」あり?なし?〜生命の源からみえてくる答えとは


東洋医学.jpeg

あなたなら風邪をひいたり、体調が悪くなるとまず何をすることを思い浮かべますか?
1.市販の薬を買って飲む
2.医者に診てもらい処方される薬を飲む
3.家で何もせず静養する。良くならなかったら1か2を選ぶ
大体がこの3つの選択肢ではないでしょうか。

でも自分の体に不調を感じた時、あなたの頭のなかは勝手に「ここが痛い、悪いからここを治すために診てもらおう(薬をのもう)」という発想に頭がなりますよね?
続きを読む




posted by 阿呆多良介 at 06:00 | 医療 / 薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ノーベル賞の伝統薬『アルテミシニン』vs 西洋医学の現代薬

屠ユウユウ氏.jpg

皆さんは、中国人科学者の屠ユウユウ氏が2015年のノーベル医学・生理学賞を受賞したのをご存知でしょうか。ん?誰? って感じですよね (笑)

日本でもノーベル賞はニュースにはなりましたが、当然、日本人受賞者の大村智・北里大学特別栄誉教授と梶田隆章・東京大学宇宙線研究所所長の話題で持ちきりでしたので、この中国人科学者に殆どスポットライトは浴びていません。
続きを読む




posted by 阿呆多良介 at 06:00 | 医療 / 薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

食べたい?遺伝子組み換えサーモン|ついに作物から魚の生産へ


gmo_salmon_compare.jpg
カナダ連邦裁判所はアクアバウンティー社(米国マサチューセッツ州)が作り出した遺伝子組み換えサーモンの生産を許諾したというNewsが流れました。

どうやらカナダのエコロジーアクションセンター(ハリファックス市)とリビングオーシャンソサエティー(ブリティッシュコロンビア州)の2団体はアクアバウンティー社と政府に対しこの遺伝子組み換えサーモン生産について異議申し立てをしていましたが、公式に法廷で退けられた形となったようです。
続きを読む




posted by 阿呆多良介 at 06:00 | 食 / 健康 / 体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

遺伝子組換え作物|愕然。台湾、ロシアの対策と日本の違い


Taiwa.jpg

西洋化を推し進める政策の国々では、知らぬ間に大量の遺伝子組換えものが我々の食生活に直結しています。もちろん我が国日本は、モンサント社の大得意様の国です。ところが、ご近所の台湾で今までになかったGM作物に対する国のはっきりした表明がありました。

台湾政府は、この度、全国の子供たちが通う学校給食全てに遺伝子組換え(GM)作物が入ることを禁じる法案を可決しました。これは、GM作物による健康及び環境被害の懸念が大きな理由としています。

確かに台湾では、毎年230万トンの大豆を輸入しており、そのうち90%はGMの大豆となっているGM大豆大国なのですね。
続きを読む




posted by 阿呆多良介 at 06:00 | 食 / 健康 / 体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【愛犬家必読】犬のスピリチュアルパワーで人は救われる!

dog-sunset.jpg

犬は英語でDogと書きますが、気がついていましたか?God(神)の反対がDogであることを。

世界で愛され続ける犬が、スピリチュアルの存在であり、人は犬からどれくらいのパワーをもらっているのか、犬が教えてくれるスピリチュアルパワーをご紹介します。
続きを読む




posted by 阿呆多良介 at 06:00 | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

薬用ハンドソープで病気の道へ〜無名で危険な『トリクロサン』


Quality-Luxury-Foam-Soap石鹸ゴシゴシ.jpg

うがい、手洗いをしよう!とよく耳にするようになると寒い冬の季節になってきたなと思いますよね。その時期になると宣伝に力を入れるのが、ばい菌をやっつけるとうたっている薬用ハンドソープです。確かにせっけんの売上上位をみると某メーカーたちの薬用ハンドソープが軒並みランクインされてます。

でも、一度でもその商品の成分ラベルをみたことありますか?

そこにはいっている添加成分を知れば、ばい菌をやっつけようと綺麗に手洗いしている行為が、実はばい菌よりもたちの悪い毒薬成分を手につけていることに気がつくでしょう。
続きを読む




posted by 阿呆多良介 at 06:00 | 医療 / 薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本当に高血圧なんですか?ー何を信じる?まか不思議な基準値

o-HIGH-BLOOD-PRESSURE-facebook.jpg

毎年、健康診断が行われ判定がEだったとか、ここの数値が悪かっただの良かっただのと一喜一憂する人見かけます。また、シニア世代でも血圧が高いと医者に言われた。と、薬を貰って飲んでいるじいさん、ばあさんもたくさんいます。

その人の健康有無は、診断書に書かれている基準値で判断するのですが、どうにも不思議な点があるんです。若者とじいさん、ばあさんとは50〜60歳も歳が離れているのに、数値が基準値内で全員おさまることができるものなのか、また、それでその人が健康である・ないとどうして判断できるのか、、。
続きを読む




posted by 阿呆多良介 at 06:00 | 医療 / 薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プラセボ効果が物語る|いかに現代人が西洋医学に洗脳されているか


lessons-placebo.jpg

プラセボ(偽薬効果)という言葉を聞いたことがありますか?これは、何も成分が入っていない薬に似たようなものを本物の薬だと思わせて飲むことで「薬を飲んだから効く」と思い込み治癒効果が生まれるというものです。

これは医師会や薬品メーカーも認めているものですが、「薬は効く」という心理的な作用を期待した治療なので、この世に薬という存在がなければこのプラセボは全く効果がないということです。

でも、あれ?と思いませんか。結局、薬で治すという深層心理が治癒効果を発揮しているとすると、自己治癒できるのになぜ薬をのまなくてはならないのか?という単純な疑問が浮かびます。
続きを読む




posted by 阿呆多良介 at 06:00 | 医療 / 薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ショック報告!!福島原発事故の5年後からはじまる日本人の悲劇

fukushima.jpg

原子力発電などのエネルギー調査を行う団体 fairewinds energy education が、福島第一原発におけるショッキングなレポートを発表しました。

2011年から放出している放射性物質の影響で福島県では通常と比べると約230倍もの甲状腺がんを引き起こし、将来的には推定100万人ががんになることを明らかにしたのです。

fairewinds研究機関長のアーニー・ガンデルセン氏は、こう述べています。(11/4/2015)
続きを読む




posted by 阿呆多良介 at 08:00 | 食 / 健康 / 体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...