米国「はしか流行騒動」で起きた予防接種強制法案の結末とは?

posted by 阿呆多良介 at 06:00 | 医療 / 薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米国発インフルエンザ予防接種の変〜ここまでやるか客取り合戦!


Flu.jpg

秋冬シーズンになると、恒例のインフルエンザ予防接種のお知らせがはじまりますね。
同じようにシーズンピークを迎えるアメリカでは、各ドラッグストアで日本では見ることの出来ない予防接種客の取り合戦が勃発しています。

時期もちょうどホリデーシーズン。ブラックフライデーやクリスマスシーズンの商戦期と重なり、さながらデパートやおもちゃ売り場が必死に広告宣伝する商品販売と同じようにライバル店同士が客の取り合いをしているんです。
続きを読む




posted by 阿呆多良介 at 06:00 | 医療 / 薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

無線LAN(Wi-Fi)による人体の影響で変化する現代人たち

freewifi.jpg

1997年頃から普及し始めたWi-Fiは、今ではスマホやPC利用で必須となりました。カフェやホテル、空港などに無料Wi-Fiが設置されて気軽に通信でき、便利な通信環境が至る所にできています。

また、こうした無線LANの台頭で自宅でもiPadのようなタブレット型の端末で気軽にインターネットや映像を楽しむ家が増えてきています。

調査によると2015年は全体で54.3%がWi-Fiなどの無線LANを自宅で利用しているそうです。国民の半数以上が家でもずっと使っているんですね。

よくよく考えると朝から晩までWi-Fiの電波がいたるところを飛んでいて、その中でずっと生活しているんですよね。つまり電波シグナルの強弱こそあれど、一日中体に無線LANの電波があたっていることになるんですね。
続きを読む




posted by 阿呆多良介 at 06:00 | 食 / 健康 / 体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

有機栽培がなぜ良い?化学肥料栽培の『超危険な野菜』を発表!


IMG_3696.JPG

日本の有機食品(オーガニックフード)ってどうして手に入れるのに敷居が高いのでしょうかね。アメリカなんかは各地域でファーマーズマーケット(朝市)をやって地元の農家がその日に仕入れた大量の有機栽培野菜や果物を量り売りしていたり、オーガニック専門スーパーなんかもあります。

一方、日本をみると、そもそも有機食品を扱っているお店が少ない(地域によっては無い)し、種類も限られているうえ新鮮なものが少ない、そして何より高いですよね。

しかし、有機栽培と化学肥料栽培とではどのような差があるのか、きちんと情報を持って購買選択できる機会を与えられていないのが現状かもしれないです。
続きを読む




posted by 阿呆多良介 at 06:00 | 食 / 健康 / 体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

西洋医学の歴史がすべてを物語る〜現代医療が世にはびこる真の理由〜


Pharmacy-Banner.jpeg

人間は地球上で最も賢い生物と言われ、生態系の頂点に君臨していますが、こと「病」となると、野生動物よりも愚かな行為をしているのではないでしょうか。

人間だけでなく動物も風邪を引く(体調不良になる)ことがありますが、人間はすぐに病院に行き、もらった薬をのむために無理やり何かを食べて解熱剤やら抗生物質やらを飲みます。ところが、野生動物は何も食べずじっと体を休めて自己治癒力で体を正常に戻します。

その昔、人間も自己治癒力を促進するための医療行為が中心でしたが、いつの間にやら何かしらの毒薬を体内に摂取し、即効性の反応を期待する対処療法が主流になりました。

この西洋医学への転換期こそ我々が知らなくてはならない愚かな動物になった瞬間といえるでしょう。。
続きを読む




posted by 阿呆多良介 at 06:00 | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国産野菜の安全神話で農薬大量摂取〜この真実を知らない恐ろしさ・・


ほうれん草.jpg

スーパーで野菜を買ったり外食すると大抵どこも産地を載せて新鮮な国産野菜を使ってます!とあたかも「だから安全ですよ」と誘導した各店の健康イメージ戦略を目にします。

確かに潜在的に国産野菜って安全だっていつのまに刷り込まれてますよね。もちろん放射能の問題から国産なら何でも安全というマインドはなくなってきてますが、やはり昔から中国産の野菜は危険、国産野菜は安全、という何となくのイメージ先行がいまだに大きいのかもしれません。

続きを読む




posted by 阿呆多良介 at 10:00 | 食 / 健康 / 体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『感謝の言葉』本当の意味を理解すると驚くべき力を手に入れられる!


世の中、科学で実証できないことはたくさんあります。
例えば、水は人間のことば(感情)を吸収し、プラスにもマイナスにも姿を変えると聞いたら大抵の人は信じないですよね。

1999年 江本勝氏によって「水からの伝言」という著書が出版され物議をかもしました。
そこには水に感謝の言葉や文字を見せたりすると「水の結晶」は美しく変化するとあります。

ありがとう結晶.jpg ばかやろう結晶.jpg (I.H.M総合研究所より転載)
↑こちらは、ガラス瓶に水を入れて、一方(左)には「ありがとう」と感情の言葉を書いた紙を貼り、もう一方(右)には「ばかやろう」と汚い言葉を書いた紙を貼って水の結晶を写真に撮ると、大きな違いが出てくるという実験結果です。
続きを読む




posted by 阿呆多良介 at 23:19 | 食 / 健康 / 体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

GHQとは何だったのか?日本人が「現代史を知らない」本当の理由


授業.jpg

サザンオールスターズのピースとハイライトという曲に

❝ 教科書は現代史をやる前に時間切れ
そこが一番知りたいのに何でそうなっちゃうの?
 ❞

という歌詞があります。痛切に今の教育制度を皮肉った歌詞になってますが、確かにほとんどの人がまともに現代史の授業をたっぷり受けて勉強した経験はないですよね。

これ、なぜだか考えたことありますか?これには戦後のGHQと日教組との関わりに深い関係があったのです。
続きを読む


タグ:洗脳 現代史 GHQ


posted by 阿呆多良介 at 06:00 | 教育 / 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イヌイットの食事ですべてが分かる。西洋食が占領した悲劇の結末・・


inuit_sea_ice_.jpg

年をとるにつれ日本人の多くが、がんや高血圧、コレステロール、糖尿など現代病に悩まされています。よく病院に行くと医者は薬を出して食生活を見直して暴飲暴食は控えてください、と言ってきます。

実は薬など飲まなくてもその食生活改善で治ってしまうのに医者も食に重きを置いた指導はせず、数値を下げる為だけの全く無意味な薬の服用指導が主眼となっています。(もちろんそれが医者の食べる道ですので食事改善指導を優先に指導する医者が身近にいればかなり稀で貴重な存在です)

もし日本が戦後GHQ占領下で急激な西洋食の流入がなく、伝統的な日本食中心の世の中だったらこれ程多くの現代病患者は生まれなかったでしょう。
続きを読む




posted by 阿呆多良介 at 06:00 | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

食事療法?化学療法?−ステージ4のがん告知を受けた女性のストーリー


CancerCuredHeadline1-300x247.jpg

よく広告で「 〜を飲んだらがんが消えた!」などとバカげた宣伝文句を目にします。しかし、本当にがんを治せるのはバカげたサプリでも、抗ガン剤でもなく自分自身の治癒力であることを証明した体験談の投稿記事がありましたので紹介します。

この内容は私自身もかねてより持論としている健康体を維持するため(病気にならない生き方)の食事の重要性を証明している実体験談でしたので、なんだかとても嬉しい気持ちになりました。ご興味ある方はぜひお読みください。
続きを読む




posted by 阿呆多良介 at 06:00 | 食 / 健康 / 体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...