イチゴ狩りでそのままパクリの恐怖!残留農薬の多い農産物2017

イチゴ狩り.jpg

毎年春になるとニュースでいちご狩りの様子が紹介されますね。子供も摘みたてのいちごをそのまま口にして美味しそうに食べているシーンを目にすることもありますが、正直、「やめてくれ〜」という思いです。

だって、皆は知らないが、農薬を何度いちご達に散布していることか。。そして、それを一度も洗わずにそのまま口にしてる姿は、正直、ぞっとする映像に見えてしまうのです。

食品や化粧品などの化学薬品の危険性を調査、分析する米国の非営利団体EWGは、最も多くの農薬を使っている農産物リスト2017年を発表しました。そのワースト10を発表します。

スポンサーリンク

発表! 2017年農薬量ワースト10農産物


1. いちご
2.  ほうれん草
3.  ネクタリン
4.  りんご
5.  ピーチ
6.  洋梨
7.  チェリー
8.  ぶどう
9.  セロリ
10. トマト


いちごはワースト農産物の中でもトップの農薬量(20種類以上もの残留農薬!)が確認されている果物です。いちごは常に残留農薬のトップに躍り出る農産物の代表ですね。

だってそれはアメリカの事情でしょう〜なんて思ってる人、要注意です!
まず日本の農薬使用量は世界3位なのです。しかもトップは中国、次いで韓国。日本はアメリカの倍、ヨーロッパの3倍〜10倍という数字です。

農薬.jpg
いちごの農薬使用回数はゆうに50回を超えているのです。考えてみて下さい。それを食べ放題で洗いもせずそのまま摘んで食べまくる。。

私には恐怖の自殺行為にしか見えません。しかも子供への影響が常に懸念される中、子供が喜んで食べてる姿はただただ「もう止めて〜!」と思わずにはいられないです。

日本では多くのいちご栽培は高温多湿の害虫様が大喜びするビニールハウスの環境ですので、必然的に農薬量は増えざるを得ないという事情です。

そして、2つ目に挙げられている『ほうれん草』は、過去記事でも最も超危険な野菜として取り上げた野菜です。

有機栽培がなぜ良い?化学肥料栽培の『超危険な野菜』を発表!

これもアメリカと日本では違うでしょと思っている方、要注意です!
日本は2015年農薬残留の代表であるネオニコチノイド系農薬の規制緩和に踏み切っているのです。しかも最大で2000倍!もの基準値緩和です。

ほうれん草なんかは40ppmの緩和で子供が40gをとると急性中毒になる可能性もあると言われる量なんです。それを国は規制緩和、、。

野菜では『セロリ』も入っていますね。国産セロリも他の野菜より多くの農薬が使われますし、葉っぱも食べる方はかなり農薬が付着していますので要注意です。

『ネクタリン』『ピーチ』の桃科もかなりの農薬量です。ネクタリンは、日本ではまだまだメジャーではないですが、桃よりも厳しい農薬使用が設けられています。アメリカではよく食べられるネクタリンの農薬量はかなり問題視されるレベルですね。

また、日本でもメジャーな果物の『りんご』。こちらもいちごと肩を並べるほど残留農薬といえばりんごと言われる農薬果物です。
りんご園.gif

ただ、いちごと違い皮をむいて食べる分、直接的な残留農薬量は減ります。たまに採りたてを丸かじりしている映像を見ますが、これはホントに自殺行為を見せられているのと同じでゾッとします。


国が安全と定める農薬量の農産物は本当に安全⁉︎


よく国が安全と定める農薬や回数しか使用していないので大丈夫と言う人いますが、ではどうし海外で禁止している農薬使用を認可したり、むしろ緩和してるのか全く説明がつきませんね。

前述したほうれん草のネオニコチノイド系農薬はアメリカやEUでも厳しい規制や禁止の方向で扱われているのに対し、日本ではなんと緩和の方向です。

日本人は欧米人と違い、禁止農薬の毒性もモノともしない強靭な体である!とでも言いたいのでしょうか。

薬や添加物もそうですが、基本的に国や関係機関は、問題が起きても、まずは因果関係の立証が出来ないというロジックで正当化されてしまいます。

それでも社会問題化したり、明らかに危険で回避不可能だと判断した場合に限り国は規制に乗り出します。それまでに犠牲になるのは常に一般庶民なんですよね。

農薬の使用回数や農薬の種類などで、残留農薬がハッキリ出ているワースト10に代表される農産物も全て安全と思い込み、なんの疑いも持たずに摘みたて、採りたてのままガブリと食べる人たちは今一度、農薬の実態を考えてみる必要があるかもしれませんよ。


<あわせて読みたい>
ほうれん草.jpg国産野菜の安全神話で農薬大量摂取〜この真実を知らない恐ろしさ・・
IMG_3696.JPG有機栽培がなぜ良い?化学肥料栽培の『超危険な野菜』を発表!

スポンサーリンク





posted by 阿呆多良介 at 06:00 | 食 / 健康 / 体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...