食べ過ぎに警告!空腹時に発動する驚くべき体内パワーを知ろう

Watch-What-Happens-When-You-Eat-Too-Much-as-Explained-by-Science-465970-3.jpg

年末から年始ほど食べ過ぎる時期は無いのではないでしょうか?きっと多くの人が体重計に乗るのを怖がっているでしょう(笑)

しかし、この食べ過ぎの結果を単なる ”太った” だけで捉えている人は危険信号です。肥満だけでなく、多くの慢性疾患過程を引き起こす生活習慣病の原因に “食べ過ぎ” という事実があるからです。

近頃、食べ過ぎと感じている方へ。誰でも簡単に出来て即効性のある健康とダイエット方法を紹介します!

スポンサーリンク

シンプル イズ ベスト〜誰でも出来るシンプル健康・ダイエット法


答えは簡単です。そう、食べないことなんです。恐らく太りすぎに悩む多くの人が「食べることを一旦止める」という行為をしている人は少ないでしょう。

私たちの祖先は24時間365日食べ物を手にし続けることができませんでした。つまり、生物学的には、人間の体は休みなく食べ物が摂取されて最適に動くように設計されていないのです。

空腹時に身体の修復および若返りが起こることが多くの研究で確認されており、逆に1日中何か食べ物を摂取し続けている食べ過ぎの状態が病気を引き起こす理由でもあるのです。

空腹時に人間の体内で凄いパワーが発動することを殆どの人は知りません。

しばらくの間食べ物を摂取しないと人間は体内に生じる代謝変化『自食作用(オートファジー)』が活性化を始め、細胞内浄化作用、神経変性抑制作用、腫瘍発生抑制作用、細胞内のメンテンス機能など身体をどんどん良くしていく働きが始まります。

しかし、食べ過ぎの体は、体内のゴミをきれいにしてメンテナンスする時間がないのです。

満腹オラウータン.jpg
むしろ、常にお腹が “宴会モード” でいると、体はこれらの利点を忘れてしまいメンテナンスの仕事をすっかり忘れてしまいます。それが病気の始まりに繋がるのです。

そうした問題はまさに「一時食べないこと(プチ断食)」ですべて解決してしまうのです。米国ではタイム・マガジン誌が取り上げ、プチ断食は人気が高まっています。

断続的なプチ断食は、体重を正常化するだけでなく、身体の掃除と修復作業が行われ、心疾患や癌などの健康問題のリスクを軽減し慢性疾患予防に繋がることが分かっています。

食べないことは、痩せるためにするのか単に健康維持のためにするのかにかかわらず、結果として両方が効果的に機能してしまう一石二鳥の素晴らしい方法です。

また、断食は脳機能にも非常に有益な影響を与えると言われており、実際食べないほうが頭が冴えるという声は多数報告されています。


食べない方法:プチ断食方法を一挙公開!


食べないことは、健康につながり、若返り、頭も活性化し、痩せて、食費もかからない最強の方法です。そこで、人気になっているプチ断食法をご紹介します!
*注意:断食は持病や薬の服用者には不向きな場合もあり、一般的にも個人差があるので専門家の相談やご自身の責任において判断してください)


5日間断食
断食と言っても日中に食べ物を完全に控えることはありません。 最初の日には約1,000〜1,100カロリー、残りの4日では725カロリーを食べます。

これらの日のあなたの食事は、炭水化物とタンパク質が少ない主に野菜中心で、ヘルシーメニューが多くなるはずです。

最近の実験で、3ヶ月間連続して絶食した3人に細胞再生の数値の改善が見られ、 糖尿病、癌、心臓血管疾患、老化のリスク要因が減少した例がありました。

(5日間断食法は 断食ダイエットであなたをキレイに。さんのサイトでわかりやすく解説してます)


5:2断食
米国ではセレブが実践していることで有名になった5:2プチ断食は、1週間のうち2日断食日を決めて、通常の毎日のカロリーの4分の1(男性は約600カロリー、女性は約500カロリーの目安)まで落とした食事にします。

その代わり断食日は水分を十分に摂ります。 週の残りの5日間は、いつも通りに食べることができます。


隔日断食
この断食法は、1日プチ断食⇔1日普通の食事を交互にする方法です。断食日には、食事を約500カロリーの1食に制限します。断食のない日には、普通に食べることができます。

実は睡眠時間を含めると、断食期間は32〜36時間にもなります。 "Every-Other-Day Diet"の著者、Krista Varady博士によると、この断食法は1週間に約1キロ痩せることができるそうです。

隔日断食のもう1つの利点は、体が1日交互の規則性に適応できるようになることです。5:2断食はランダムな断食日になるので体の適応が難しいことがあげられます。

隔日断食の実験では、参加者の約90%が実践でき、残りの10%が最初の2週間以内に脱落という結果となりました。


ピーク断食
これは、日本で『食べない健康法』を提唱する石原結實先生の方法で、1日のうち13〜18時間食事を取らない空腹時間を作ります。

この方法は長い時間に渡って空腹のつらさを経験せずに済み、エネルギーを落とさずに何時間も活動できます。

これを実践するには、朝食または夕食のいずれかをスキップする必要があります。もし夕食を摂る場合は、就寝前に少なくとも3時間食事を避けることが重要です。

詳しくは食べない健康法の効果がわかる記事を読んでみて下さい。

食べ過ぎと感じている人はどれか実践できそうですか?食べない日を作ると食事のありがたみや、今まで食べている食事が濃く感じる(塩分とか糖分が濃く感じる)ようにもなり、心身の好転がみられメリット享受は間違いなしですよ。

(参考:Peak Fasting − How Long Should You Intermittently Fast?


<あわせて読みたい>
narragansett-hero-H.jpgなぜ人は腹が減ってない時でも昼になるとランチをとるのか
Fasting-black-and-white-300x225.jpg「食べない健康法」恐らく現代ではこれが最高の健康法だと思う(実力編)

スポンサーリンク





posted by 阿呆多良介 at 05:00 | 食 / 健康 / 体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...