割り箸使用は本当に危ない!(続編)ーまだ割り箸使ってますか?

disposable chopsticks.jpg

過去記事で中国製の割り箸の危険をお伝えしましたが、この危険性はまだまだ続いているようです。

2015年末、台湾のFDA(台湾衛生福利部食品藥物管理署)は、台湾国内に中国から輸入して市場に出回った17トンの割り箸の中から禁止されている消毒剤が含有されていることが分かり、売場からの撤収を行うと発表がありました。

17トン?って一体どれくらいの数なんですかね〜。と、調べてみたところ割り箸1膳が大体5gのようなので、単純計算で約340万膳に危険な消毒剤が含有していたということですね..(怖)

スポンサーリンク

割り箸工場のずさんさが明らかになった事実


毎年FDAが実施する現地調査で、台湾の172箇所のローカルスーパーや卸売店から市販される225膳の割り箸をサンプルとして採集しました。

そのうち、1つのサンプルにはビフェニルが含有されており、3つのサンプルには過酸化水素の含有が確認されたとFDAが発表しました。

いずれも消毒や漂白、防カビ使用では禁止された物質で、17トン以上の割り箸が市場に流通しているとわかったのです。

このビフェニルは、肝臓、神経系、呼吸器における健康に対する有害性において国連が定める危険有害性の分類GHS区分で最も危険度の高い区分1にされている物質です。

過酸化水素についても、健康に対する有害性において皮膚、眼、呼吸器に有害性のある区分1に分類されていて、いずれも超有害な劇物です。

FDAの劉芳銘さんは警告します。

工場では二酸化硫黄、ビフェニルや過酸化水素が、消毒や漂白、防カビのために使われています。消費者はマイ箸の使用を強くお勧めします。

真っ白な割り箸は極力避けてください。これは間違いなく大量の漂白剤を使用しています。それから割り箸から変な化学薬品の匂いがしないか確かめるようにして下さい


FDAは、食事で割り箸の使用を極力止め、温かいスープの中に割り箸を入れたままにしないよう注意喚起をしている。


日本では安全と断言できるのか


この台湾で起きたことは、日本では対岸の火事として良いのでしょうか。もちろん台湾と日本の検品基準は違うとは思いますが、果たして本当に安全と言い切れるのでしょうか?

厚労省が管轄する医薬食品局食品安全部が、検疫所長に宛てた「割りばしに係る監視指導について」という書面が公開されています。そこには、このように書かれています。

割りばしに残留する防かび剤等の監視指導については、(中略) 今般、厚生労働科学研究費補助金食品安全確保研究事業の研究成果を踏まえ、 割りばしに係る防かび剤等の残留等に係る試験法を改めるとともに、これまでの溶出実態等を踏まえ、限度値の引き下げ等を行い〜

とあり、その検査方法は、

“ 同一と考えられるロットを特定した上で、当該ロットを代表する検体を任意の3カ所から1膳ずつ採取する ”

とあります。“同一と考えられるロットを特定した上で” とありますが、どのように同一かを特定するかの基準が分かりませんよね。しかも “考えられる〜” という抽象的表現。

ここで前回記事から明らかになった中国工場の実態が分かるインタビューを抜粋します。

中国国際食品包装協会のDong Jinshi氏は「政府には厳密な品質検査を担当するところなんてないですね。たとえば北京のダシン区にはわりばし工場が7、8あって、製造から箱詰めまで全てやっています。出荷後にいろいろな販売業者を通していくから、出荷したら工場のオーナーですらどのわりばしが自分の工場のものかなんて分からないんです。」と述べています。


工場のオーナーすら自分の作った割り箸が特定できなくなるのに、どのように同一と考えられるロットを特定することができるのでしょうか。

しかも日本の年間割り箸消費数は260億本です。どうやって大量に輸入される割り箸を100%ミスなく同一ロットを特定して検査ができるのか。何人体制で検査をやっているのか、どのようにすり抜けのない(あるいはザルでない)検査が可能なのか是非知りたいところです。

いずれにせよ環境にも体にも良いことないので、やはりmy箸使うのが一番ということですね。

<あわせて読みたい>
chopsticks-china.jpg中国割り箸製造工場の恐ろしい実態!割り箸使用は本当に危ない!
Quality-Luxury-Foam-Soap石鹸ゴシゴシ.jpg薬用ハンドソープで病気の道へ〜無名で危険な『トリクロサン』

スポンサーリンク





posted by 阿呆多良介 at 06:00 | 食 / 健康 / 体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...