健康診断が人生を狂わす理由ー本当に健康と向き合ってますか?

shutterstock_134008106.jpg

新年度が始まると、会社でお約束の健康診断がありますね。これは従業員に受診義務を負わせ、健康を管理したり病気を早期に発見して治療しましょうということですよね。

ただ、この健康診断をバカバカしい!と思ってる人は少ないのが、今の日本の社会ですよね。そう、自腹を切らずに会社が用意してくれたし、受けて当然。早く悪いところを治せる大事な検査、その結果で一喜一憂。悪けりゃ再検査で徹底的に診てもらう。これがいわゆる世間の常識になってます。

しかし、これに関して今一度、本当の健康とは?について本質的なことを考えるべきだと思います。自分の体を自分ではきちんと向き合うことなく、何も考えず第三者に完全依存して診断してもらい、悪いみたいだから最後はよくわからないけど医者に全てを預けて治療する。最悪、そのままあの世行き。これでいいんでしょうか。

スポンサーリンク


なぜ健康診断を受けるのか。真剣に考えたことありますか?


では、健康診断を受けるべきか否かは会社が決めるべきではなく自分自身で判断するべき大変重要なことだと思う点を改めてあげてみたいと思います。

まず、健康診断をなぜ受けるのか?もちろん体に悪い所がないかを調べてもらいたいから受けるのだと思いますが、それでは、体の悪いところって何でしょう?

きっと、高血圧、コレステロール、尿酸値、肥満、糖尿などで基準値を超える悪いところが見つからないかですが、これ全部いわゆる生活習慣病です。つまり、自身でなるべくしてなった病気です。

これを検査してもらって、セーフとかアウト!再検査。薬もらった。とかやってる考えのままでしたら高い確率で大病一直線なんですね。

なので健康体になる(あるいは病気になる)本質部分を理解していない限り、「劣悪生活→健康診断→検査→治療、薬→劣悪生活」 のループにはまったまま体は弱り、いつか取り返しのつかない結果を招きます。

本当に体にとってベストな食事を中心とした生活習慣をしていれば、いずれの生活習慣病とは無縁となり、検査はむしろ健康な自分の体を悪くするだけのものになります。

というのは、自分が健康である自覚があるのに検査したらどこかの数値、例えば白血球の数値が基準より低いとか、肝臓の数値が基準を超えてるとか、がんの疑いなどと言われたら誰でも動揺しますよね。

どんな健康体でもその日の体調によって多少数値に変化が出ることもありますし、人はロボットではないですから、一部の数値が勝手に医師委員会が決めた基準値に入らなかったから病気のレッテルを貼って治療対象になるなんて本当にどうにかしてると思います。


健康診断で健康の体が病気にされてしまい最悪の道へ


スクリーンショット 2016-04-09 00.09.31.png
最悪なのががん検診で、例えば採血で前立腺がんの検査ができるPSA検査なんかは、感度が良すぎるがゆえに放っておいても良い陽性な癌までも発見してしまい、早期発見!治療に入りましょうとなり、健常者なのに自分ががんになってしまったと思いこんでしまうんです。

こうした心の悪影響からくる負のスパイラルが実は最悪の事態を生んでしまいます。過去記事でも取り上げましたが、そういったストレスががん細胞を一気に体内に広げたりする原因にもなったり、今まで強い免疫力を維持していた体が、病んでしまったと思い込み、気力が弱まり、免疫力が衰え、本当に健康な体が病気の方向にいくことが十分考えられるのです。

ノボセ効果はご存知でしょうか?これは偽薬で病気が治るといわれるプラセボ効果の逆で、痛みを伴うとか、副作用が出る薬と言って偽薬をのませると実際にその症状が出てしまうことが実証されているものです。(これらに関する記事はコチラ

極論をいうと、実際は健康体の人が、検査結果や医者のいうことで信じ込まされ、本当に悪い病気、最悪、がんが体を犯していくことも十分考えられるのです。気持ちで健康な体が悪くなることは容易です。

がん検診をはじめとした健康診断をうけても受けなくても死亡率は変わらないという結果が出ています。確かに検診受診率は上がっていてもがんの死亡率は上がり続けていますし、むしろ放っておいて良い陽性がんまで見つけて治療コースになるという最悪なオチ付きです。

現代に生きる人の大半は、 飽食生活で1日3食プラスαに油分、糖分摂取過多、添加物・農薬漬け、ストレス負荷で生活習慣病に向けた生活をして病気になる体作りをしています。

その生活は高い確率で悪いところが出てくるのでそれを健康診断で見つけ出し、医療機関で精密検査、治療をします。そして治ったと思い安心して、また同じ生活習慣を繰り返します。そしていつかがんなどの大病にかかって最悪のケースを迎えます。その時に本当の健康とは何かを悟る人が多いんですね。

このループにはまっている人は健康診断は必要でしょう。ただ、しっかり自分の体と向き合い対話しながら真の健康体を維持、メンテナンスている人にはむしろ害にもなり得るのです。

皆さんは健康診断ループから抜けられないマジョリティに入っていますか?


<あわせて読みたい>
doc.jpg医者は不要!? なぜ医者がいない地域の患者死亡率は下がるのか
medical error.jpg驚愕!医療過誤の事実:医者が死亡者を増やしている皮肉

スポンサーリンク





posted by 阿呆多良介 at 07:00 | 食 / 健康 / 体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...