がん細胞を全身に拡散させる犯人はストレスと判明!驚きの研究結果

Blood-and-Protein-illustration (1).jpg

現代の日本社会で生活する以上、ストレスとは切っても切り離せませんね。がんをはじめとする現代病になる3大要因は、「食」と「電磁波」と「過度のストレス」です。米疾病管理予防センター(CDC)によると、あらゆる病気の90%がストレスと関連しているとのことです。

近年の研究結果から慢性的に続くストレスが、がん細胞を体中に広める手助けをしていることが分かりました。昔から言われている ストレスは大敵 ということが科学的に実証されてきたわけです。

スポンサーリンク


一瞬たりともがん患者への診断にストレスを与えてはなりません。だって、その瞬間こそ最もストレスがかかってしまうのですから

ABC NEWSのインタビューでオーストラリアのモナシュ大学の研究リサーチをしているエリカ・スローンはこうに答えています。

うーん、何かわかる気がします。よく、がんの告知を受けた人があっという間にがんが全身に広がって亡くなるという話を聞きますが、この告知で過度なストレスを感じて一気に身体中にがん細胞が拡散してしまったという可能性が高いということですね。

よく若いとがん細胞が広がりやすいなどと耳にしますが、どうにも身体の仕組み上、免疫力が強ければそんな筈がないとずっと腑に落ちなかったのですが、この研究結果で頷けました。

研究により、がん細胞は2つの方法で全身に広がる事が分かりました。ひとつはリンパを通して、もう1つが血管です。ストレスの強さが血管形成の増加につながり、全身へとがん細胞がとんどん広がる手助けをしてしまうそうです。

また、ストレスレベルが上がるとアドレナリンの生成やリンパの流れに影響するストレスホルモンが増加する事も分かっています。ただ、こうしたがん細胞の流れを阻止するための薬があるそうです。しかし、根本的な予防は慢性的なストレスを抱えないことです。


とにかく大敵ストレスをいかになくすか考えるべき


スクリーンショット 2016-03-19 21.22.33.png
↑厚生労働省の調査結果によると日常生活でストレスを感じたことが「ある人」が46.5%、「ない人」が42.6%で半数の人がストレス生活を送っていることが分かっています。

年齢にもよりますが、特に「仕事」「お金」「子育て」がストレスの大きな要因になっているようですね。すべて生活から切っても切り離せないものなので、ストレスを完全になくす事は難しいですが、慢性化しないための自分なりのリラックス方法を見つけることが重要になってきますね。

体内にはがん細胞を見つけ出して攻撃、消滅してくれるナチュラルキラー細胞(NK細胞)という優れた味方がいて体を正常化してくれています。このNK細胞というのは、笑うことで増殖するそうですので、笑ってストレスがなくなる自分の好きなお笑い番組や漫画、本などをなるべく見るようにすることも健康の秘訣の1つとも言えるでしょうね。

ですので、よく大人になってもバラエティ番組とか漫画とか見てる人を軽蔑するような笑顔を忘れた難しい顔の堅物をたまに見ますが、「あ〜、あなたは病気になる可能性高いですよ」と言ってあげたほうが良いですね。

大人になると笑うことが減ってきます。笑いはリラックス、ストレスをなくす最も手っ取り早い方法です。

現代社会では無くすことはできないストレスとどう付き合っていくかが健康な人生を送る上でとても重要だと改めて認識できました。


<あわせて読みたい>
World-Smile-Day.jpg「笑い」でNK細胞活性化だけでは不十分!本当の健康体を目指そう
healthy-lifestyle1.jpg世界の健康生活レベル調査で出た日本の結果に衝撃!

スポンサーリンク





posted by 阿呆多良介 at 07:00 | 食 / 健康 / 体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...