2000年前の医療法がなぜ滅びない!?ー東洋医学でわかったこと

chinahistory.jpg


前漢時代(前200年前後)、あの有名な項羽と劉邦の時代に中国最古と言われる医学書『黄帝内経』が存在していました。そこには薬学についても書かれており、今でも東洋医学の用語で使われている”未病”という言葉も使用されていたそうです。

❝ 聖人は既病を治すのではなく、未病を治す ❞

と言われ、病気は表面化(既病)してから治す(西洋医学の考え)のではなく、その前の病気に向かいそうな状態(未病)を治していくこと(東洋医学の考え)が大事であることをなんとこの時代で記していたのです。

スポンサーリンク



この原点が今の中医学→東洋医学の根幹となり、今でも人間の体を治す医療哲学となっているんです。これだけ文明が発達し、科学や医学などが進んでいても前漢時代の2000年前の医学が今でも受け継がれていることって驚かされませんか?

逆に捉えると、今になっても東洋医学が遠い昔の古い医療産物扱いになり消滅しないのは、力技で文明化した西洋医学では決して病気を治せないから、東洋医学で効果がみられているからという証明にもなっているんですね。(なぜ西洋医学が主流医療化したか?はコチラ)

人の体に生命が宿っていることは、科学的には説明のつかない神秘的要素があるからこそロボットのようにマニュアルで簡単に治せないんですね。

先人はそれを分かっていて、結局は彼らが持っていた医療哲学こそが人の体を治す根幹になる考え方になっていったのだと思います。


古代医学の哲学が今もなお続く東洋医学に継がれていることの意味


黄帝内経.jpg中国最古と言われる医学書『黄帝内経』から当時の医療に従事していた人たちの考え方がわかります。

病気になっている場合は、彼らは自然と人との調和をまず診ます。具合が悪い人の生活習慣、何を食べているか、どのような性格と感情の持ち主か、どのような土地、住環境で暮らしているのか。

まずは生命の営みに自然との調和がきちんと取れているのか、そこでのアンバランスがあるときの臓器の結びつきの問題から原因を突き止め、健康体の維持に努めたのです。

まさに悪い箇所だけをみるのではなく、症状がでてくる元の原因をその人全体から見つけようとする考えだったんですね。

実はこの哲学は、紀元前にメソポタミア、エジプト、ギリシャ、インドの生まれた古代医学でも同様に人体を小宇宙とみなす(宇宙全体から人体をみる自然との調和に基づく)医療法を見出そうとしていたことが分かっています。

現代でも受け継がれている東洋医学、鍼灸や漢方もこの『黄帝内経』がベースです。生命の営みに重要な臓器のバランスを正常化する為に経絡、ツボを刺激し生命維持の元である気を体内で正常に流して体内改善を図る。その手助けをするために自然から取る薬草をベースとした生薬である漢方薬で体全体の調和をとっていく。

ちなみに中国の殷代(紀元前1600年から前1046年)の遺跡から石や骨で作った鍼が出土されていて、その当時にはすでに針による治療が施されていたといわれています。

また、中国では気功法という治療があり、気の流れが体内でつまって巡りが悪くなった経絡に気を送り込み強制的に流れをよくします。

この「気」というのは見えないものであり、科学的に証明できないので、現代医学で洗脳された医師、国民は最も毛嫌いしトンデモ扱いするもので、人によってはインチキ治療、詐欺的な印象すら持ってます。中国ではきちんとした医療行為として存在していますが、これは中華圏だけの扱いですよね。

しかし、伝統医療を施してきた先人は現代医療の身体を切ったり、生命のある物質由来でない合成化学物質で作られた薬を体内に入れることをトンデモ治療と思うのでしょう。

それは我々が未来に思い描いていた “どんな病気も完治できる医療” の理想と現実は程遠く、実体は病人が100%完治するわけでもなく、医療ミスや薬の副作用で毎年多数の死人が出ている惨状にインチキ治療だ!と声を上げている先人がたくさんいるような気がしてなりません。

文明が発達していない時代に現代にも引き継がれる医療哲学ができていたのは、自然とともに生きてきた時代の真の人にしか「本当の人間の体」が見えていなかったのかもしれないですね。


<あわせて読みたい>
inuit_sea_ice_.jpgイヌイットの食事ですべてが分かる。西洋食が占領した悲劇の結末・・
GrNjQ.jpgこのことを知らなかったら一生「GHQ」なんて興味なかっただろう・・

スポンサーリンク





posted by 阿呆多良介 at 06:00 | 医療 / 薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...