「健康効果の機能性表示」でとにかく稼げ!無責任対応の国の本音

IMG_3512.jpg


あなたはお店で健康的な食品なのか、健康に効果がある食品なのかを選ぶ時、何を見て決めますか?商品パッケージに「消費者庁許可 特定保健用食品」などというロゴが載っている商品だと「これは効きそうだ」と思いますか?

まずは、2015年4月からいつの間にスタートして殆どの消費者が実態を知らない「機能性表示食品制度」が本当に消費者の健康のために国が作った制度なのか考えたほうがいいかもしれません。

スポンサーリンク




消費者をなめきった大きな落とし穴がある健康効果表示


「機能性表示食品制度」って? 漢字だけみても何のことなのかよく分からないですが、簡単に言うと、今までメーカーが健康効果を商品に表示するために国の審査を受けて許可されるのは「トクホ(消費者庁許可 特定保健用食品)」と栄養機能食品だけに限られていたのが、もっと緩い規制で表示できる制度になってちゃっかり始まったものです。

どれだけ緩くなったかというと、今まで臨床実験で効果や安全性を証明し、消費者庁が国の規格基準の適合性を審査し、許可を得た食品だけがトクホマークなどの機能性表示ができていました。ところが、今回の追加制度は、実験結果の証明は必要とせず、専門家の論文など研究発表の情報を国に届けるだけで表示可能となるのです。

いままでは国主体(許可)でのみ謳えることができた健康効果の表現が、国の審査を必要とせずメーカー主体で謳えるようになったのです。

消費者庁の発行のガイドブックには堂々(ぬけぬけ)と以下のように「機能性表示食品制度」について無責任な説明がされています。

事業者の責任において、科学的根拠に基づいた機能性を表示した食品です。販売前に安全性及び機能性の根拠に関する情報などが消費者庁長官へ届け出られたもの です。ただし、特定保健用食品とは異なり、消費者庁長官の個別の許可を受けたものではありません。

ビール表記.jpg パッケージ.png
  ↑
こちらは早速その制度を使って、太るのを気にする健康志向の消費者にバッチリ訴求できるウリ文句をつけて販売している商品です。

次に消費者庁のガイドブックにはこのようなことが書かれています。

・まずはご自身の食生活をふりかってみましょう
・たくさん摂取すれば、より多くの効果が期待できるというものではありません。過剰な摂取が健康に害を及ぼす場合もあります。
・体調に異変を感じた際は、すみやかに摂取を中止してください。


これらの意味することとは、つまり『国は健康の効果、安全を保証しないし責任を持たないが、メーカーがより簡単に健康効果を謳えられるようにしました。購入は消費者の自己責任なのでメーカーはこの制度を利用して消費者の購買欲を刺激してどんどん売って儲けてください。』と言っている制度ということです。

国が消費者の健康を守る制度強化ではなく、経済効果を狙うために制度を緩くした政策の一環ということになります。しれっと始めたこの制度は消費者をなめきっているとしか思えませんよね…怒。


健康効果を謳う商品が健康食品とは限らない


(左がパッケージリニューアル前  右がリニューアル後) 
使用前.jpg使用後.jpg
  ↑
こちらは新制度が始まるやパッケージ表記をリニューアル発表した商品です。この商品の原材料名をみると甘味料(スクラロース)という人工甘味料の食品添加物が入っています。

このスクラロースは大変危険な添加物で、農薬成分となる塩素分子が入っています。熱を加えると危険な塩化水素ガスが発生するもので、自然界には存在しない石油成分から人工的に作られた化学合成物質です。こんなものが微量でも体にいいわけがないのです。

ところが、そこは国の“厳しい”安全基準で使用認可されているという理由で健康上の問題視はされない上に、国の“厳しくない”健康機能を謳ってなんちゃって「国お墨付き健康商品」を出せるというメーカーのための制度になっているのです。

多くの消費者は商品の表パッケージ、キャッチコピーで購入の判断をします。今後はメーカーによっては競争に勝ち抜くために安全性が保証されないものも健康機能だけを全面に押し出し消費者心理につけ込んだ販売戦略になる可能性があります。

多くの人が知らないまま始まったこの新制度。
「どうせ新制度のことなんかほとんどの人が関心ないし、企業が儲けてくれないと国も潤わないから、おバカな消費者のまま騙されて金をたくさん使ってくれ。」
と、国の本音が聞こえてくるようでなりません。


<合わせて読みたい>
AspartameAtSafeLeveltoConsumeinSodas121313.jpg発表!食品添加物 ワースト10(前半) 〜まだ買う?コンビニ商品
bottled-water.jpg水摂取は1日2リットルって本当!?ダイエット・健康に良い正しい水の量

スポンサーリンク





posted by 阿呆多良介 at 00:00 | 食 / 健康 / 体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...