衝撃報告!予防接種ワクチン内にモンサント社の農薬成分を検出

glyphosate-vaccine-1-e1473783229208-300x200.jpg

これはにわかには信じがたい事実が。。過去記事でもワクチンの含有物は驚きの成分だらけのレポートをしましたが、更にあのモンサント社の除草剤「ラウンドアップ」の有効成分グリホサードという毒性物質がワクチンに入っていたことが分かりました。

この除草剤の毒性は世界的に問題視されているレベルで、世界保健機関(WHO)の専門組織、国際がん研究機関(IARC)は、モンサント社が開発した「グリホサート」に発がん性の恐れがあると公表しています。

WHOが「人に対する発がん性が恐らくある」ことを示す『2A』にグリホサートを位置付けているほど恐ろしい成分です。それが、赤ちゃんから大人まで予防接種のワクチンに入っているというのです…。

続きを読む




posted by 阿呆多良介 at 07:00 | 医療 / 薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インフルエンザ予防接種はどこまで騙し続けられるのか

tumblr_inline_olh3uqvQ2n1s2qbc6_500.jpg

2016〜2017シーズンのインフルエンザ流行はすごかったですね〜。

2016〜2017年のインフルエンザシーズン統計はまだ最終報告はありませんが、昨年(2015〜2016)の累積推計受診者数は1,368 万人と報告されています。恐らく今年は昨年同様か、それ以上の数字を記録するのではないでしょうか。

しかし、この数字からも明らかな通り、確実にインフルエンザ予防接種は効かない事が立証されてしまっていますよね。しかし、なぜ世界的にも未だに40%以上の人が予防接種を受けているんでしょう?

世界的なインフルエンザワクチン信仰が永遠に続くことを願う製薬会社。効かなくてもやめるわけにはいかないこのワクチンマネーの状況を知れば、新たな世界が見えてくるかもしれませんよ。
続きを読む




posted by 阿呆多良介 at 22:54 | 医療 / 薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本はがん化学療法の盲信国|代替がん療法とは?

conventional-cancer-treatment-wont-cure-cancer-new.jpg

もし自分のまわりでがん治療にハーブ療法、あるいは鍼・マッサージをしている人がいたらどのように思いますか?

まず頭に浮かぶのが「正しい治療の選択をしているだろうか?」「なにかに騙されているのでは?」あるいは「抗がん剤が効かず、藁をも掴む思いで様々な方法を試しているのかな」など、いずれもネガティブな考えで捉えている人がかなり多いのではないでしょうか。

この思考こそが日本が完全に現在の西洋医学にすっかり洗脳され、思考停止のまま「化学療法がもっとも正しい選択である」という根拠のない盲信が根付いている証拠なのです。

続きを読む




posted by 阿呆多良介 at 23:43 | 医療 / 薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新品服はすぐに洗う派?着る派?ー新品服に潜む汚染の実態!

jeans_denim_heads_store_prague.jpg

あなたはお店で買った新品の下着やシャツやズボンをまずは洗濯してから着ますか?それとも新品なので洗う必要ないと思ってそのまま着ていますか?

確かに店で陳列されている新品を購入すれば、その生地はキレイで清潔であると思いますよね。ところが、そこにはあまりユーザーには知られていない驚きの事実が明らかとなったのです。

米国ABCの報道番組Good Morning Americaの調査依頼を受け、NY大学の微生物学と免疫学の責任者であるフィリップ・テーノ博士による検査が行われた結果、新品服に潜むゾッとする実態が発表されました。
続きを読む




posted by 阿呆多良介 at 06:00 | 食 / 健康 / 体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

どれが危険なの?店にならぶ危険すぎるサーモンたちの違い

サーモン売り場.jpg

よくサーモンとシャケと一緒にとらえている人いますよね?それくらい知ってるよ!という人もいるかと思いますが、では質問です。

質問1 紅鮭の大半はどの国で一番穫れて食べられているのか知っていますか?
質問2 アトランティックサーモンってどの国で穫られたものか知っていますか?

そうなんです。それぞれがどこの国で穫れているのか、この違いを知らないとどれが本当に危険と言われているサーモンなのか間違えてしまいますので要チェックですよ。
続きを読む




posted by 阿呆多良介 at 07:00 | 食 / 健康 / 体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「塩分は控えめに」−大嘘の常識が広がった「塩」の真実。

塩.jpg

塩分はとりすぎに注意と刷り込まれていませんか?塩分とりすぎは なぜダメか、具体的な健康障害を明確に答えられますか?実際の真相を知らずにそう思い込んでいるのは洗脳です。

厚生労働省は食事摂取基準に食塩摂取量の目標値を前は13gだったのが、なぜか今では男性8g未満、女性は7g未満にまで下げるよう定めています。

その理由が、増え続ける高血圧患者の塩分摂取過多が原因とされているためです。国の指導に足並みをそろえ、多くの医療現場や栄養士、食品、飲食関連企業などが減塩を謳うようになります。

そして多くの人がそう思いこむ(洗脳される)のです。
続きを読む




posted by 阿呆多良介 at 05:00 | 食 / 健康 / 体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

運動する時間はいつですか?ー空腹時の絶大効果を見逃すべからず!

空腹時の運動.jpg

前回記事では、食べ過ぎをやめて空腹時を作るプチ断食が健康とダイエットに絶大な効果を発揮することを取り上げました。

空腹の体にすることで体内組織の修復作業(メンテナンス)が開始され、生活習慣病や体調不良の改善、若返りや脳の機能改善まで幅広い健康体への活動を行うパワーが発揮されます。

ところで、カロリー消費や筋力、体力増を狙った運動をいつすべきか理解して実践している人は少ないのではないでしょうか。大抵の人は時間がある時を優先しますよね。

空腹時の運動をあえて狙っている人は殆どいないと思いますが、これは知らなきゃ損ですよ。空腹時の運動ほど自分の体を強化できる時はないことが分かっているです!
続きを読む


タグ:空腹 運動 効果


posted by 阿呆多良介 at 05:00 | 食 / 健康 / 体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

食べ過ぎに警告!空腹時に発動する驚くべき体内パワーを知ろう

Watch-What-Happens-When-You-Eat-Too-Much-as-Explained-by-Science-465970-3.jpg

年末から年始ほど食べ過ぎる時期は無いのではないでしょうか?きっと多くの人が体重計に乗るのを怖がっているでしょう(笑)

しかし、この食べ過ぎの結果を単なる ”太った” だけで捉えている人は危険信号です。肥満だけでなく、多くの慢性疾患過程を引き起こす生活習慣病の原因に “食べ過ぎ” という事実があるからです。

近頃、食べ過ぎと感じている方へ。誰でも簡単に出来て即効性のある健康とダイエット方法を紹介します!
続きを読む




posted by 阿呆多良介 at 05:00 | 食 / 健康 / 体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

がん治療の真実を考えるAー化学治療の効果を著しく疑う事実。

sugar.cancer.jpg

❝ 病気としては最も最上位に位置する「がん」を引き起こす原因は2つもない。「がん」は、たったひとつの原因に起因する。端的な言い方をするなら、その唯一の「がん」の主原因とは、砂糖(糖質)である ❞

これは、前回記事で取り上げたノーベル賞 生理学・医学賞の受賞者で、がんの原因を突き止めたオットー・ウォーバーグ博士のがんに関するコメントです。

今から80年以上も前に砂糖こそ、がんの主犯格であり、様々な病気の原因となり人間の身体を蝕むものであることを明らかにしました。

あのアインシュタイン博士にも認められたオットー氏のこの画期的発見がなぜ社会の問題であるがんの治療に活かせなかったのでしょうか。
続きを読む




posted by 阿呆多良介 at 05:00 | 医療 / 薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

がん治療の真実を考える@ー権威ある医師たちの本物の言葉。

conventional-cancer-treatment-wont-cure-cancer-new.jpg

1890年代、レントゲン博士のX線発見によってがん医療の応用が始まってから100年以上が経過した今もがんは根絶すること無く患者死亡数は右肩上がりで増加の一途を辿っています。

100年にわたり多くの意思や研究者たちが治療の研究を行ってきましたが、未だ完治療法がないとされている中、彼らは本当に今の化学医療に効果があると思っていた(いる)のでしょうか。

今回は、過去にがんの治療に関わってきた権威ある医学博士が残した現代医療に対する懐疑的言葉を取り上げます。彼らの言っていることは聞く耳を持つべきではない戯言なのか。正しいのか。

是非読んでみて、自身でその答えを出してみて下さい。
続きを読む




posted by 阿呆多良介 at 05:00 | 医療 / 薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...